yosihiro.com > Kitchen > Firefox > LiteRider7
LiteRider7
[ホームページに戻る]
最終更新日:2011/6/15
Copyright (C) 2007-2011 by Yoshihiro Satoh
LiteRider7 は、Firefox の拡張機能(Extension)ソフトです。

LiteRider7 の最新バージョンは、7.7 でファイルサイズは約 17 KB です。
このページでは、直前のバージョン 7.6 からの変更箇所に、黄色のマーカを付けてあります。

この拡張機能をインストールすると、以下の機能を Firefox に追加することができます。

  • Ride on Lite
  • Quick bookmark button
目次
お知らせ
    2011/6/15: Firefox 5.*に対応しました。内部的な処理の一部をFirefox 5.0の推奨方式に対応しましたが、操作方法や機能に変更ありません。
    2011/2/11: Firefox 4.0.*に対応しました。それ以外に変更ありません。
    2010/3/3: ボタンをクリックするときに、Shift キーと Alt キーを使って登録ページを切り替えられるようにしました。
    2010/2/28: すべてのメッセージを日本語対応しました。ボタンは任意のページを登録できるようにしました。ボタンの数は7個に増やしました。
    2010/1/23: Firefox 3.6.*に対応しました。バルーンヘルプの日本語ローカリゼーションを追加しました。
    2010/1/15: マイミクボイスを表示する6番目のボタンを追加しました。
    2009/7/31: Firefox 3.5.* に対応しました。
    2008/9/5: Firefox 3.0.* に対応しました。
機能の説明
[ページの先頭に戻る]


Ride on Lite

LiteRider7 をインストールすると、メニューバーに、「RideonLite」というボタンが追加されます。
このボタンにより、ブラウザ・オプションの「コンテンツ」の以下の設定をまとめて切り替えることができます。
  • 画像を読み込む
  • Webページが指定した配色を優先する
  • JavaScriptを有効にする
Webページの作者が意図したとおりのデザインでページを表示するためには、 これらの設定は通常はオンにしておく必要があります。
しかし、モバイルなどで通信回線が低速のときには、 「画像を読み込む」をオフにすることで画像を表示せずにページの表示を早めたくなる場合があります。
しかし、ページに表示されるテキストや背景色、枠の色などは、画像の色合いに合わせて色づけがされているため、 画像を表示しないと、テキストが見難くなることがあります。
そのようなときは、「Webページが指定した配色を優先する」をオフにすることで、ページの色指定を無視することで単純な色合いにして、テキストを読みやすくできます。 そのため、「画像を読み込む」をオフにしたときは、 同時に「Webページが指定した配色を優先する」もオフにすると、テキストが読みやすくなります。
また、ページに最初から画像を指定するのではなく、 JavaScriptによって画像表示を指定しているページでは、 「画像を読み込む」をオフにしていてもブラウザが画像をダウンロードして表示が遅くなることがあります。
そのようなときは、「JavaScriptを有効にする」をオフにすることで、 JavaScriptの実行を禁止することができます。

そこでこれら3つの設定を連動させまとめて切り替えられるようにしたのが、「RideonLite」ボタンです、

ただし、「JavaScriptを有効にする」については、 セキュリティ上の理由などで常にオフにしておきたい場合もあるでしょうし、 逆に画像以外の操作の都合で常にオンにしておきたい場合もあるでしょうから、 それを連動させるかどうかは、 LiteRider7 の設定(C)▼「Auto Enable/Disable JavaScript(JavaScript許可の自動連動)」で決められるようにしてあります。

Quick bookmark button

LiteRider7 をインストールすると、 メニューバーに、丸数字1から7までのボタン( 1 2 3 4 5 6 7 )が追加されます。
各ボタンは、任意のページを表示するように登録できます。
CTRL キーを押しながらボタンをクリックすると、現在表示されているページがそのボタンに登録できます。

ボタンをクリックするときの、Shift キーと Alt キーの押し下げ状態によって、登録内容を切り替えることができます。
そのため、以下の4通りのセットを別々に登録して利用することができます。

  • 単にボタンをクリックする場合
  • Shift キーを押しながらボタンをクリックする場合
  • Alt キーを押しながらボタンをクリックする場合
  • Shift キーと Alt キーを同時に押しながらボタンをクリックする場合

たとえば、Shift キーを押しながらボタンをクリックした場合のページを登録するには、 CTRL キーと Shift キーを両方同時に押しながらボタンをクリックすると、 現在表示されているページがそのボタンに登録されます。

これらの丸数字のボタンをメニューバーに表示させたくないときは、 LiteRider7 の設定(C)▼「Stealth buttons(ボタンを隠す)」をチェックするとボタン画像表示をなくすことができます。
その場合には、何も表示されなくなりますので、セパレータの線でボタンの位置を確認してください。
ボタンのある位置でマウスカーソルを止めてしばらくすると、バルーンヘルプが表示されます。

登録した内容は、ブラウザのブックマークの「LiteRider7 Bookmarks」というフォルダに記録されます。
ボタンは番号順に「LiteRider7 Bookmark-1」~「-7」までのアイテム名で記録されます。
Shift キーを押した場合のものは「LiteRider7-Bookmark-Shift-#」として、 Alt キーを押した場合のものは「LiteRider7-Bookmark-Alt-#」として、 両方押した場合のものは「LiteRider7-Bookmark-Shift-Alt-#」として記録されます。
そのアイテムのプロパティの「URL」を編集することでも登録ページを変更することができます。
アイテムの「タグ」「キーワード」「説明」は、LiteRider7 のこのバージョンでは使用していませんが、 将来のバージョンで使うかもしれません。 これらをご自分で記入した場合には、将来のバージョンで上書きされる可能性がありますのでご注意ください。

[ページの先頭に戻る]

mixi利用者向け紹介

mixiでの応用

mixi を利用している場合には、 LiteRider7 の設定で、Setup mixi buttons(ボタンの mixi 設定)をクリックすると、以下のように一括登録することができます。
Setup mixi buttons(ボタンの mixi 設定)をクリックするときの、Shift キーと Alt キーの状態により、どのセットに登録するかを決定できます。
その他に、mixiでの便利な使い方を紹介しています。こちらをご覧ください。

なお、N├┤K番組サラリーマンNeoの報道によると、 日本総人口の約1割の人が加入している某SNSサービスにおいて、 そのうちの約77%の人が、上記1から6の順に操作をしていることがわかっています。※1
LiteRider7 では、人間工学的な観点から、これら一連の操作をプリセット化することで、 プリセットがない場合に比べて時間の浪費を約10秒間節約できることを発見しました。
一人が1日最低2回この動作をすると仮定すれば、 1年間で10秒間×2回×365日=7300秒=約2時間もの時間をより生産的な活動に使えることになるという社会貢献度の高い機能です。

※1:フィクションです。

[ページの先頭に戻る]

facebook利用者向け紹介

facebookでの利用

facebookでの便利な使い方を紹介しています。こちらをご覧ください。

[ページの先頭に戻る]

インストール
[ページの先頭に戻る]

注意事項

LiteRider7 は、「RideonLite」ボタンをクリックすることで、ブラウザ・オプションのうち、 以下の設定を変更します。
  • 画像を読み込む
  • Webページが指定した配色を優先する
  • JavaScriptを有効にする
これらの設定内容を変更前の状態には戻すことができません。
「RideonLite」ボタンをクリックしたときにだけ変更をしますので、 それ以外のときは、通常のブラウザ・オプションで各々の設定変更をできます。
しかし、「RideonLite」ボタンをクリックしたときには、各々の設定の状態に関係なく、 連動してまとめて設定を LiteRider7 が変更します。
あらかじめご承知の上でお使いください。

動作環境

LiteRider7 は、Firefox の 1.5.0.0 以上 にて動作します。

インストール手順

LiteRider7 は、以下の公式サイトからインストールすることができます。
LiteRider7 の最新バージョンは、7.7 でファイルサイズは約 17 KB です。

以下のファイルをクリックしてインストールしてください。

うまくいかない場合は上のXPIファイルをダウンロードして、 それを Firefox にドラッグ&ドロップしてください。
それでもうまくいかない場合は、Firefox の機能拡張の説明などを参考にして解決してください。

インストールの確認

Firefox の「ツール」「拡張機能」又は「アドオン」でインストールしている拡張機能の一覧を表示します。
その中に、「LiteRider7」が含まれていれば、インストールは正常です。
通常は、Firefox を再起動した後から「LiteRider7」が有効になります。

補足

LiteRider7 は、2007年7月7日という、 ミレニアム・スリー・セブンな日に最初のリリースをしたので、 いきなりバージョン7から始めてあります。
そのためバージョン7より前のものがあるわけではありません。

[ページの先頭に戻る]

使用方法
[ページの先頭に戻る]

基本事項

メニューバーに追加される「RiteonLite」や丸数字ボタンをクリックして、 それぞれの機能をお使いください。
LiteRider7 の設定をするには、 メニューバーの「(C)▼」をクリックして以下の選択をすることができます。
  • Hide mixi tool bar(mixi tool bar の非表示)
    Firefox 拡張機能の「mixi tool bar」をお使いの場合に表示されます。
    これをチェックすると、mixi tool bar が非表示になります。

  • Stealth buttons(ボタンを隠す)
    これをチェックすると、「Quick bookmark button」の丸数字ボタン画像が非表示になります。

  • Auto Enable/Disable JavaScript(JavaScript許可の自動連動)
    これをチェックすると、「RideonLite」の状態に合わせて、 ブラウザ・オプション「コンテンツ」の「JavaScript を有効にする」の設定を変更します。
    これがチェックされていないときは、「JavaScript を有効にする」の設定については一切変更しません。

  • Setup mixi buttons(ボタンの mixi 設定)
    これをクリックすると、Quick bookmark button の丸数字1から6までのボタンに、mixiに便利なページを一括設定します。
    既に、ひとつでもボタンの登録が行なわれている場合には、一括設定はできません。
    その場合には、ブラウザのブックマークにある「LiteRider7 Bookmarks」というフォルダを削除するか別の名前にしてから再度設定してください。

注意事項

「RideonLite」ボタンを押すときには、 山下達郎の楽曲「Ride on Time」のサビの部分のメロディーを思い浮かべながら、 「ラーイドン ライト」と強く心中で念じてください。
念じ方が不十分であると、うまく動作しない場合があります。※2
そのような場合には、周囲に人のいないときに、 声に出して「ラーイドン ライト」と叫んでいただくと動作します。※3

当該楽曲の旋律を忘れた又は知らない人は、以下のページから聞くことができます。

上記のページから聞くことができない又はリンクが切れているなどの場合は、 お近くの店舗又はネットサイトなどで当該楽曲を購入してください。

なお、開発者は山下達郎とは何ら関係がありません。 また、特段のファンでもありません。 どちらかというと近年の人柄では、小田和正の方が好きです。

※2:うそです。
※3:叫ぶことは動作の妨げにはなりません。

[ページの先頭に戻る]

お問い合わせ
LiteRider7 についてのお問い合わせがあれば、以下のブログのコメントに書き込んでください。

ブログのコメントに書き込んでいただく際に、お名前やメールアドレスを記入した場合には、ブログに掲載され公開されますので、ご注意ください。
公開を希望しない場合には、空欄のまま匿名で書き込んでいただくことができます。

[ページの先頭に戻る]

リリース記録
LiteRider7 のバージョンは、最初のリリースが 7.0 ですが、7.3.1 まで機能に違いはなく、対応する Firefox のバージョンが異なるだけです。
7.2 は、Firefox 3.0.x まで対応しています。
7.3 は、Firefox 3.5.x まで対応しています。
7.3.1 は、公式サイトからのダウンロードに対応しました。
7.4 が初めての機能追加ですが、ボタンを1つ追加しただけで、それ以外の違いはありません。
7.4.1 は、Firefox 3.6.* に対応し、バルーンヘルプの日本語ローカリゼーションを追加しました。
7.5 は、すべてのメッセージの日本語ローカリゼーションに対応しました。 Quick bookmark button のページを任意に登録できるようにしました。 ボタンをクリックするときに、Shift と Alt キーを使って登録ページを切り替えができるようにしました。
7.6 は、Firefox 4.0.* に対応しました。それ以外に変更ありません。
7.7 は、Firefox 5.* に対応しました。内部的なnamespaceの使用方法についてFirefox 5.0で推奨されたコードに修正しました。それ以外に変更ありません。

[ページの先頭に戻る]

LiteRider7
[ホームページに戻る]
Copyright (C) 2007-2011 by Yoshihiro Satoh